2007年03月22日

旅行の持ち物

 国内には観光スポットが数多く存在し、特に連休の時期になると、大勢の人が各地を訪れ、観光地はにぎわいます。

 確かに旅行は、わたしたちを息の詰まる日常生活から解放し、未知なる経験、心躍る体験を与えてくれるものですから、人気があるのも当然といえば当然でしょう。

 国内旅行、海外旅行を問わず、旅行は我々の心を刺激し、感動させ、また癒してもくれるものです。しかし、一方で旅には面倒な面も多々あります。その一つが持ち物選びです。


 旅行に忘れてはいけない持ち物にはいろいろとありますが、
その前に次のような条件を考えなくてはなりません。
・誰と行くのか(家族連れ、友人となど複数か、一人旅か)
・どこに(場所)
・何をしに行くのか(目的)
・季節はいつか
・旅に出る人たちの体調はどうか
・現地にはどのような店や施設・設備があるのか
などなど。どの旅行でも同じ持ち物、というわけにはいかないのですね。

 経験者のアドバイスも活用して忘れ物のないように旅行に行きたいです(笑)
posted by 国内旅行情報 at 18:20 | Comment(3) | TrackBack(0) |旅行の持ち物

国内旅行に必須の持ち物

 旅行に忘れてはいけない持ち物について、悩む人も多いでしょう。
 確かに旅というものはいわば今までと「違う世界」への冒険ですから相応の準備が必要になり、また、いろいろなケースを想定せねばならず、かなり面倒な作業ともいえます。


 国内旅行の場合は、海外と違って言葉が通じるので意志の疎通もやりやすく、また著しい文化の違いというものもありません(多分)。つまり、言葉さえ話せれば、そして“旅の恥はかき捨て”という心持ちさえあれば(笑)、どんな旅先で何とでもなるものなのです。


 そこで、持ち物でもコンビニやスーパーなどの現地で購入できるものに関しては、現地で調達して、持ち物を減らすことを視野に入れておくのも、一つの考え方でしょう。


 色々と知恵を働かせ、人に聞き、旅行の持ち物はできるだけ軽くコンパクトに、そしてその上で忘れ物のないようにしたいものですね。
posted by 国内旅行情報 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) |旅行の持ち物

国内旅行節約術

 国内旅行にしろ、海外旅行にしろ、できるだけ費用を安くしたいというのは誰もが思うことでしょう。良い旅行節約術をもっていると、その分何倍も旅行を楽しめるようになりますよね。


 国内旅行にかかる経費には、「宿泊費」「食費」「交通費」「観光・娯楽費」などがあり、それぞれに、割引などの節約術はいろいろと研究されています。
例;バス代・電車代の節約法

これらの節約術を活用することで、確かに全体の経費は削減されるため、旅の質を落とさずに比較的安くすみます。


 ところで、このような個々の経費を少しずつ減らす方法以外に、もう一つ、旅の目的をハッキリさせるという方法もあります。つまり、先程の宿泊費・食費・交通費・観光・娯楽費などのうち、「これだけは十分楽しみたい」と思うものの費用配分を大きくし、それ以外を徹底して節約するというものです。

 何事も目的が大切。目的なしでさまよっていては、無駄なお金と時間を使うだけともなりかねません。あらかじめ目的を決めてこそ、そこまでの手段が生きてくるのは何事でも同じですよね。

 この旅行節約術を、一度試してみてはいかがでしょう。これだと経費を安くしつつも、目的は十分果たせるわけですから、賢い方法かもしれませんね。
posted by 国内旅行情報 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) |旅行節約術

国内旅行節約術(交通費編)

 国内旅行をする際に必要となる経費のうち主なものとしては「交通費」「宿泊費」「食費」「観光・娯楽費」などがあります。
 この中でも交通費は、旅行節約術の中でも最も取り組みやすいものです。


 よく用いられる交通費の節約術としては、チケットショップ・金券ショップの活用があります。チケットショップでは、通常の価格よりも安く、目的のチケットを手に入れることができます。
 チケットは結構、値が張るものですから、1割安くなるだけでもずっとおトクですよ。


 また、多くの観光地では、フリーパスや周遊券、往復割引切符など、お得なチケットも売られていますから、これらのチケットを利用するのも一つの手です。
 これらについては、一度JRや私鉄各社の窓口に行って確認してみるといいでしょう。パックになったものなど、意外とお得な情報を仕入れることができるものです。


 それ以外の節約術(?)としては、国内旅行であれば自家用車で高速道路を使って移動する場合もあるでしょう。
 ただし、ガソリン代+高速代+運転者の疲れ(笑)を考えると、必ずしも節約になっているとは限らないので注意が必要です。
あるいは、船に乗って旅に出ることも考えられます。これらも、よく調べてみるといろいろと節約術が見つかるものです。


 チョットの手間が大きな節約につながる――これこそが旅行節約術の神髄だともいえましょう。
posted by 国内旅行情報 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) |旅行節約術

国内線・国際線の荷物制限

 国内線・国際線ともに、飛行機に搭乗する際には注意すべき点がいくつかあります。その一つが、荷物の制限です。


 国内線における制限を見てみましょう。


 荷物は、
・窓口で預ける荷物

・自分で機内に持ち込める荷物
の二つに分けられます。

大きな荷物は窓口で預け(重さ制限があり、一定の重さ以上は有料)、それ以外は機内に持ち込むことができます(1人1個までで、路線によって大きさや重さに制限があります。貴重品や壊れやすい物は手荷物に入れましょう)。


 このどちらにおいても持ち込めないものに、
・可燃性物質類
・高圧ガス類
・火薬類
・酸化性物質
・引火性液体
・毒物類
・腐食性物質
・放射性物質
・その他の有害物質
があります。これらを持っていると最悪、自分が飛行機に乗ることもできなくなるかもしれませんので、あらかじめ注意しておきましょう。


 また、刃物類や、ゴルフクラブや金属バット、スケート靴など凶器になり得るものについては、機内持ち込みは不可となっていますので気をつけましょう。意識せずにお土産として買ってしまうこともあるので注意が必要です。


 搭乗の際にチェックされて搭乗をとめられるなど、不快な思いをしないように、こうした点は予め十分チェックしておきましょう。

posted by 国内旅行情報 at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) |旅行の持ち物

国内線・国際線航空機の注意

 国内線であれ国際線であれ、航空券の購入から飛行機への乗り込むまでの間で、注意すべき点は数多くあります。


 その中の一つが、飛行機に搭乗する前に「携帯電話のスイッチを切る」ことです。なぜ、乗る前に携帯電話のスイッチを切らなければならないか、その理由って説明されませんよね。

 それは、電源ONの携帯電話はかなり強い電波を発しており、それが飛行機の航空機器に悪影響を与えてしまうことがあるからなのだそうです。

 飛行機の離着陸の際には、わずかなノイズも命取りとなりかねませんから、十分に気をつけたいものです。

 もちろん携帯電話だけでなく、PHS、パソコン、トランシーバー、携帯情報端末、無線操縦玩具なども、電波を発するものはすべて使用禁止になります。


 また、テレビ、ラジオ、ビデオカメラ、DVD/CD/MD/ビデオ/カセットプレーヤー、デジカメ、電子手帳・電子辞書、電卓、携帯ゲーム機、ワープロ、電気かみそりなどは、電波を発する状態にあるわけではありませんが、それでも念のため、離発着時には使用禁止になります。


 航空機は精密機器の集積ですので、こうした厳重な対応が取られているわけです。

 そのおかげで私たちは、国内から海外まで、長い距離をわずかな時間で移動できるわけですね。
posted by 国内旅行情報 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |飛行機での注意

旅行初心者おすすめスポット(東京)

東京初心者(お上りさん)の立場になって、ワクワクの東京の人気旅行スポットを5つ選んでみました。順番に1.皇居、2.新宿副都心、3.東京ディズニーランド、4.上野公園、5.東京タワーです。


 1番の皇居はいうまでもなく天皇の住まいで、周囲5キロは都会とは思えないほど緑豊か。江戸城跡地だけあって、お堀があります。一部は入場可で、天皇誕生日や新年の一般参賀の折りには、有名な二重橋を渡ることもできます。


 次に新宿副都心には、都庁をはじめとして、50階にもなる超高層ビルが何棟も乱立しています。都庁には無料でのぼれる展望台が2つあり、そこから都内の景観を楽しむこともできます。


 3位の東京ディズニーランドは説明の必要はないですね(^^)
隣接する東京ディズニシーとともに日本でもトップの娯楽地になっています。


 上野公園には、ジャイアントパンダで有名な上野動物園があります。
もちろん他にもさまざまな動物たちを見ることができますよ。


 港区の東京タワーは、古くからの東京のシンボルです。近い将来、墨田区に、高さ600メートルを超える第二東京タワー(すみだタワー)が建設予定になっており、完成すれば、国内でも屈指の人気スポットになることは間違いないでしょう。

 さっそく、東京のつれづれなる旅に出かけてみては??

posted by 国内旅行情報 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |人気の旅行スポット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。