2007年03月22日

国内線・国際線航空機の注意

 国内線であれ国際線であれ、航空券の購入から飛行機への乗り込むまでの間で、注意すべき点は数多くあります。


 その中の一つが、飛行機に搭乗する前に「携帯電話のスイッチを切る」ことです。なぜ、乗る前に携帯電話のスイッチを切らなければならないか、その理由って説明されませんよね。

 それは、電源ONの携帯電話はかなり強い電波を発しており、それが飛行機の航空機器に悪影響を与えてしまうことがあるからなのだそうです。

 飛行機の離着陸の際には、わずかなノイズも命取りとなりかねませんから、十分に気をつけたいものです。

 もちろん携帯電話だけでなく、PHS、パソコン、トランシーバー、携帯情報端末、無線操縦玩具なども、電波を発するものはすべて使用禁止になります。


 また、テレビ、ラジオ、ビデオカメラ、DVD/CD/MD/ビデオ/カセットプレーヤー、デジカメ、電子手帳・電子辞書、電卓、携帯ゲーム機、ワープロ、電気かみそりなどは、電波を発する状態にあるわけではありませんが、それでも念のため、離発着時には使用禁止になります。


 航空機は精密機器の集積ですので、こうした厳重な対応が取られているわけです。

 そのおかげで私たちは、国内から海外まで、長い距離をわずかな時間で移動できるわけですね。
posted by 国内旅行情報 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |飛行機での注意

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。